• background frame 三養水産株式会社 宮城県石巻 旬感冷凍牡蠣「旬をもっとおいしく。」
  • ●宮城県石巻から。 【おいしさにこだわり続けて。】 「北上川」は、石巻の中心を緩やかに流れ、清浄な汽水地域となります。この森のミネラル豊富な海域で育てられる牡蠣は、ぷりっと太って濃厚な甘みがあります。当社は、この豊かな海で長年、牡蠣の育成、研究・開発に携わり、牡蠣を知るプロとして本物のおいしさにこだわり続けてきました。 宮城県石巻市・三陸沖について
  • 【世界の牡蠣王「宮城新昌」の末裔として。】 世界の牡蠣王と称された宮城氏は、「牡蠣には滋養がある。豆腐のように安く、手軽に食べられるようにしたい。」という強い思いを胸に、養殖方法の原点である垂下式養殖法を開発し、「世界の牡蠣王」と称されました。当社は、宮城氏のこの牡蠣に対する思いを引き継ぎ、昭和34年、三養水産として創設。特に牡蠣の育成はもとより、冷凍技術による牡蠣の保存方法の確立、加工品の「地場産品化」など地域の活性化にも大きく貢献してきました。 世界の牡蠣王「宮城新昌」について
  • ●素材へのこだわり 【安心と品質、厳選された素材を見抜く。】 牡蠣をとことん知る「宮城新昌」から受け継いだ熱い思いと素材を選ぶ目。地域で暮らす生産者の元を訪ね歩き、自らの目で素材を確かめる。勘だけでない受け継がれてきた経験と技術が本物を見抜きます。 牡蠣の生産地について
  • ●素材を活かす調味料 【料理をもっと美味しくする秘密の調味料「牡蠣エキス」。】 独自の技法で不純物を取り除き、うまみ成分と風味を凝縮しました。この濃厚な牡蠣スープと牡蠣ペーストは、驚きのおいしさに料理を引き立てます。 牡蠣のエキスについて
  • 「世界の牡蠣王」宮城新昌の意思を受け継ぐ 「日本の牡蠣の歴史、ここからはじまる」 会社案内

TOPICS